【平成30年確定申告】不妊治療医療費控除やり方②【サラリーマン】

サラリーマンの確定申告書の作り方を載せています。

給与収入のみ、医療費控除あり、ふるさと納税ありの場合のやり方です。

初心者向けに、e-tax提出ではなく、書類提出の方法で説明しています。

※クリニックごとの医療費や交通費をまとめた「医療費の明細書」作成のためのExcel「医療費集計フォーム」の作り方はこちらをクリックして下さい!

スポンサーリンク

確定申告書Aを作成

確定申告作成コーナーにアクセスします。

青の作成開始ボタンをクリック。

書面提出をクリック。

チェックを入れて次へ。

所得税の確定申告作成コーナーをクリック。

給与所得だけなので、青いボタンをクリック。

確定申告書を印刷して税務署へ提出を選択、生年月日を入力。

給与のみを選択。

1箇所勤務、年末調整済の源泉徴収票を持っているので、こちらを選択。

医療費控除と、ふるさと納税を申告したいので選択。

図のとおり、源泉徴収票を見ながら金額を入力。

記載はないので、一番下にチェック。

会社の住所を入力します。

医療費控除の「入力」をクリックします。

「医療費控除を適用」をクリック。

※こちらで作成した「医療費集計フォーム」を読み込みます。

正しく読み込まれるとこんな感じ。

進んでいくと、こんな感じで表示されます。

医療費控除額が計算されます。

ふるさと納税を入力するので、「寄付金控除」をクリックします。

寄付した市区町村の情報、寄付金額を入力します。

寄付額から2000円を引いた金額の8000円が表示されます。

いきなり還付額が表示されますが、これで還付額が確定されました!

少なくてガッカリしないで下さい。

平成30年の6月払いの給与から天引される住民税。

扶養はいません。

↓自分の情報、住所、振込希望銀行、マイナンバーを入力。(ネット銀行は避けてください)

申請書のデータを保存し、印刷します。

申請書類にマイナンバー、身分証明書を添付します。

↑ここに書いてありますが、医療費の領収書の添付、提示は不要です。

訂正や是正があった場合などのために5年間保存しておきましょう!

※ただし、特定不妊治療助成金の決定通知書には、対応する領収書と併せて、確定申告で提出するよう記載があります。

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 顕微授精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする