【東京水天宮】戌の日安産祈願ではなく 子授祈願・子授祈祷【Q&A】

戌の日に水天宮の子授祈祷に行って来ました。正直、「水天宮の子授祈祷」で検索しても、「水天宮で子授祈願」←お詣りしてお守りを買う の情報ばかりで全然詳細がわかりませんでした。

スポンサーリンク

水天宮、子授祈祷の謎

そもそも、いろいろな事がわからない。

Q1:「安産祈願、子授祈願」で有名とあるが、祈祷に「子授祈祷」の区分があるのか?

A1「子授祈祷」の区分はある。行列に並び、「安産祈祷」の申込用紙は書かずに通りすぎ、祈願受付で子授祈祷の申込用紙を記入する。すると受付のお姉さんが「子授」と印刷してある短冊に筆で名前を書いてくれる。印刷があるので、区分あるんだな!と実感。

Q2:初穂料は?

A2:8,000円です。ちなみにHPのどこにも書いてません。受付の料金表にはしっかり「子授祈祷8,000円」と記載があるので、「子授祈祷の区分はあるな!と実感できます。

Q3:戌の日は「安産祈願で混みあいます」「妊婦さん以外の付添いの方は昇殿できません」などHPに書いてあるが、そもそも戌の日は安産祈願以外はやってないってことなのか?場違いでないのか?この日に「子授祈祷」に行ってもいいのか?

A3:全然OK!!妊婦まみれで不安だったので、行列に並ぶ前に「あの~安産祈願じゃないのですが、それ以外の祈祷もやってますか?」と警備の人に聞いたら「やってますよ、大丈夫ですよ」と言っていただけました。

Q4:戌の日は「安産祈願で混みあいます」「妊婦さん以外の付添いの方は昇殿できません」などHPに書いてあるが、子授の場合は旦那は付添いできるのか?

(妊婦さんは妊婦さんさえ祈祷を受ければいいけど・・・子授は夫婦の問題なので付添ってほしい)

A4:当然付添いできる!安産祈願以外の特権と思って付添いましょう!!あと初穂料二倍高いしね。

Q5:子授祈祷できたとして、安産祈願の人と混ぜこぜで祈祷されるのか?(混ぜられると、妊婦99.9999%のところ、精神的ダメージ大)

A5:安産祈願の人は本殿(お賽銭のある社の中)でまとめて祈願。子授祈祷の場合は「祭礼殿」という、建物の2階か3階の18畳くらいのお部屋で祈祷して貰えます!祝詞も初穂料も違うし当然と言えば当然かも。

自分たち夫婦以外にもう一組ご家族が居ただけでしたので、合計2組で子授祈祷して貰えました。みっちりして貰えた感あります。ちょっとジーンと来て涙目。

Q6:祈祷申込までの待ち時間は?

A6:朝9:20水天宮着で、30分待ち。10時や11時になると爆混みするので、いつも到着は9時すぎにするようにしている。

Q7:祈祷申込からの待ち時間は?

A7:ありません。0分です!!9:50に申込をして、9:50に始めるというので慌てて祭礼殿に行きました!!

素朴な疑問ですが、、、「妊婦の人、よく付添い家族が昇殿できないのに、わざわざ「戌の日の安産祈祷」に来たなあ~」って思いました。

実は、戌の日に家族が昇殿できないのを知らずに来てる人が結構いると思います。その証拠に、スーツを持ち運んでいた旦那さんがスーツの出番なく、その辺で座って待っている姿を見た。こんな寒い中外で日陰で可哀そうに・・・。小さな子も来てるのに・・・おそらく言いだしっぺの嫁、もっと来る前に調べるべき。

子授祈祷でいただける物

・祈祷

・お札

・子授御守(2000円のもの)

・お神酒(福犬の形をしたもの)

・お供物(お砂糖)

・その他、戌の日限定の赤い絵馬を800円にて購入したので8,800円。

限定の絵馬をゲットできたので戌の日に来た甲斐があったと思いたい・・・!!

各所にトゲがある書き方ですみません・・・(;´Д`)

戌の日の水天宮、子授祈願の方はなにかしらの複雑な気持ちになるかと思いますのでご注意下さい( ;∀;)

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 顕微授精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする