【初産】出産体験記④分娩台に上がってからは10分で出産

初産の出産体験記、レポートとなります。

スポンサーリンク

分娩室でのスケジュール

16:30 陣痛室から分娩室に移動。

「もっと赤ちゃんを下がってこさせたい」ので、高さ15cmほどの腰掛けにM字開脚で座り、助産師さんと抱き合いながらいきみを続ける。

もう股関節がM字開脚できるほど、耐えられる力がないのだが・・・つらい・・・早く分娩台に乗せて・・・

17:00 分娩台に乗る。医師や助産師さんが集まり、分娩台に乗っている私の足にカバーを装着したり、腰の下に分娩マットを敷き、旦那さんも立ち会う。

17:20 分娩のためのいきみを開始する。医師「陣痛が弱くなってきているので1回1回の陣痛が重要になってきますから死ぬ気でいきんでください!!」

いきみ1~6回→タイミング合わず失敗

いきみ7~9回目→会陰切開&男性医師がお腹を上から押す。

いきなり足と腰を天井の方向に高く上げられ、「(何?!)」と驚きながらも、「うーーーー!!」とうなりながらいきみを続けると

医師・助産師が「もういきまなくていいよ!!力を抜いて!!」「目をつぶらないで下を向いて!!」「下を向いて!!」と口々に言う。

下を向くと・・・自分の股から赤ちゃんが出てきた!!下を向いてって産まれるよって意味だったのか~

(足と腰を上げられたのは、赤ちゃんの頭が既に出ていて、体部分を出すための行動かと・・・)

17:32 私「わーーーーーー!!!(驚)」長女誕生!!!

本当に自分から赤ちゃんが出てきた・・・

思いのほか短時間で産まれた・・・・

ビックリしてしまった・・・!!!

旦那さんは「よくやってくれたよ・・・!」と涙ぐんでいました。

私も「よかった、よかった、おめでとう」と言いました。嬉しさよりもビックリが長く続いてあまり実感が湧かなかった。

17:51 お腹を押されて、胎盤排出完了

出血は800ml程度で多かったそうだが、アドレナリンが出ているのか全然平気だった。

続きます。

★ポチっとしていただけますと励みになります★
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする