【初産】出産体験記②入院してからの陣痛室でのスケジュール

初産の出産体験記、レポートとなります。

スポンサーリンク

入院してからの陣痛室でのスケジュール

前回の記事で、「一回帰宅してもらうかも」と指示がありましたが、その後覆り、「本日は入院してもらって、朝まで陣痛の状況が変わらなければ帰宅してもらうかも」ということになりました。

良かった良かった。入院して朝まで病院で様子を見てくれたほうが初産で無知のこちらとしても助かる!!助かった!!

そんな気持ちでしたが、陣痛で一睡も出来ず。

23:30 陣痛室で入室。

0:00 看護師さんにNSTを着けられる。陣痛に耐える。

3:00 血液検査のため5血液を本取られる。看護師さんに超失敗されて腕中針刺し跡だらけになる。どうせ陣痛強くなるまでに時間もかかることだし時間かかってもいいか・・・と、失敗されてムカつく気持ちを抑えながら陣痛に耐える。

5:00 時間だけが経つ、陣痛に耐える。特に病院側からも何も指示なし。進展なし。なんかおかしいな・・・いつまで耐えるのかな・・・これ・・・

7:00 医師から陣痛促進剤を投与と同意書の説明を受ける。

私は陣痛で蟲の息なので旦那さんに聞いてもらいましたが、私が感染症にかかっており、体温は39度出ており、微弱陣痛が続いて強くならないとのこと。

このまま待っても陣痛が強くならないため陣痛促進剤投与、感染症に効く抗生剤を投与するとのことで・・・。ていうか39度って30年ぶりくらいに出したぞ・・・何が起こったんだ?!

もっと早く打ってくれよ・・・・・・・・!!!もう7時間も耐えてるのにッッツ!!!ってすごい言いたかった。抗生剤と陣痛促進剤の点滴で腕から管だらけになる。

8:00 朝食が配膳される。蟲の息だが、今後のこともあるので白米だけなんとか全部食べる。
横になっているので旦那さんにスプーンで食べさせてもらう。
その後、30分に1回、陣痛促進剤を点滴で追加投与。

11:00 医師が子宮口の確認に来る。半分開いたとのこと。富士山で例えると4合目とのこと。4合目か・・・まだかかるのかあ・・・

12:00 昼食が配膳される。陣痛が5分おきに来るためもう食べてる暇などない。
(噛んでる間に陣痛が来たら呼吸が合わなくて陣痛を逃がせないため。)

14:00 陣痛のパワーが肛門に到達する。旦那さんに陣痛がくるたびに肛門を押してもらう。肛門爆発しそう。大便を漏らしたような感覚に陥る。鶏ってこうやって卵産むのか・・・とか、お産の神秘を感じ始める。旦那さんは「うわあ肛門のパワーすげえな!!腕が筋肉痛になるなこれ!!」と二人で疲労困憊。旦那さんに「疲れたね、疲れたね」と声をかけても、旦那さんは何一つ愚痴も文句も言わない。本当に偉い。

医師が子宮口の確認に来る。「子宮口全開大です!!全開ですよ!!」と言われる。ひょっとしてもうすぐ産まれるんじゃ・・・?!

すでに入院して15時間経ったし・・・!!

ですが、医師「赤ちゃんまだ降りてきてないので、16時30分頃ですね。」

・・・・・・(゜Д゜)!!!!?

まだ1時間半も耐えなければいけないのか・・・・

もう心折れかける。もう何時間も前から折れかけてるけど。折れてないけど、第2子を作り産むことはちょっと考えようと思った。

15:00 看護師といきむ練習をし始める。

16:00 医師が子宮口の確認に来る。「いきんでみましょう」と言われ、赤ちゃんの頭が見えたので分娩台に移動することに。

続きます。

★ポチっとしていただけますと励みになります★
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする