【初産】出産体験記①出産にかかった時間23時間【出産までの流れ】

初産の出産体験記、レポートとなります。

スポンサーリンク

入院までの陣痛間隔画像

陣痛間隔が10分になったら病院に連絡してね、と言われますが、そんなうまいこと陣痛来ないし。これ連絡するべきなの?5分切ってるやつもあるよ?

たまごクラブに「10分間隔のときの陣痛の長さは20~30秒」って書いてあったけど陣痛の長さ1分前後なんですけど。よくわからないからもう病院に電話しました!!

陣痛が起こった日のスケジュール

陣痛の起こし方についてはこちら(笑)

39週1日

9:30 妊婦健診の内診にて子宮口1.5cm開く。

産まれるように更に内診グリグリで刺激される

→子宮が傷ついて?出血(何時間後におしるしになった)があった。

10:00 ロイヤルホストでモーニングを食べる。子宮の痛さに耐えながら食べる。

12:00 陣痛を起こすために一駅歩いて帰宅。

14:30 子宮がロキソニン飲まないと痛いくらい痛い(飲めないけど)ので3~4時間昼寝。

子宮が痛くて買い物に行けないので、旦那さんに早く帰って来て貰うようにお願いする(夕食で食べるものが冷蔵庫になかったので)

18:30 前駆陣痛なのか本陣痛かわからないが陣痛が起こるΣ(゜Д゜)

陣痛に耐えながらシチューを作る準備を始め、肉と野菜を炒める

陣痛はどんなものかは初産のため全くわからない!前駆陣痛とはどんなもの?何なのか?本陣痛とは何なのか?「陣痛は来たらわかるよ」と言われますが、本当に来たらわかりました・・・。

なぜなら、「陣痛の痛みがどんなものかはわからなくても」、「定期的5分、10分おきに動きが止まるくらいの痛みが来る」から、「この定期的にくるやつはまさか・・・」と気づく!!

※私の場合は立っていたら目をつぶって、歯を食いしばって、何かにもたれかからないと耐えられない痛みでした。

それが人によっては下痢とか、生理痛とかの表現になるのかもですが私はどちらでもなかったです。同じ表現ができるものは無いので、陣痛=定期的に痛さで動きが止められるものという認識です。

19:00 旦那さん帰宅 買い物に行ってもらう

21:00 もう病院へ連絡しようと思い、陣痛に耐えながらシャワー

21:30 陣痛に耐えながら夕食

22:00 旦那さんシャワー 入院時の持ち物最終チェック

23:00 病院に連絡

陣痛が4~9分おきに来ていたので前駆陣痛かもしれないが、初産でわからない!!一か八かで病院へ連絡して診察してもらうことに。一回帰宅してと言われても仕方がないけれども。

23:05 陣痛タクシーに連絡

23:10 陣痛タクシー到着

23:20 病院到着

23:30 内診の結果、朝の検診と同じく「子宮口1.5cmしか開いていない。おそらく前駆陣痛。一度帰宅してもらうことになる。」と指示されるが、その後「このまま今日は入院してもらって、朝まで状況が変わらなければ一度帰宅してもらうかもしれない」とのことで入院。

この後、19時間ほど陣痛で虫の息となるなんて思わなかった・・・・・

続きます。

★ポチっとしていただけますと励みになります★
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする