【採卵周期前】子宮卵菅造影体験記

2017/5/27に獨協医科大学越谷病院リプロダクションセンターで行った子宮卵菅造影の体験記です!

検査タイミングとしては、初めての採卵周期の前。

これが終われば採卵に向かって行く!という最後の検査です!

子宮卵菅造影がないクリニックもあるそうなので、こちらに通っていてよかったです

スポンサーリンク

子宮卵菅造影検査って痛いのか?痛くないのか?体験記

まず、病院に到着!検査着に着替えます。透視室、というようなレントゲン関係の病棟に行きます。

同じ柄の検査着を着た2才くらいの女の子と隣り合わせに待合の椅子に座る。総合病院ですので。

不思議そうに女の子が私を見る。が、私も何をするのかよくはわからない。

女の子もこの歳でレントゲンとは大変だな。

私が先に呼ばれ、処置台に上がって横になる。

先生が私の子宮にバルーンを差し込む。少しずつ膨らませて子宮内に固定。

先生「痛くないですか?」

私「いえ、痛くないです」

先生「それは良かったです。痛い人はここで痛いと言うのが大半ですから。あとは大丈夫ですよ。」

私「ホントですか、良かった~(´・ω・`)

先生「じゃあ、油をいれていきますね~、痛かったら言ってくださいね」

そして少しずつ注入する・・・

油が入ってくる圧?か何かで子宮が押されてるような感覚で、キュウウウウウウと子宮が痛くなる・・・!!

私「!!?先生!!だんだん痛くなってきました・・・!!(;゜Д゜)ああああああ」

先生「もう全部入りましたから、これ以上いれませんから大丈夫ですよ~」私「・・・(;´Д`)(もう声すらも出ない痛さ)」

先生「体を横に倒しますよ~」

先生と看護師さん二人が私を仰向けから左向きに。

私「うう~~!!(;´Д`)」転がりながら

先生「広がってますよ~。はい反対側~(カシャッ)はい終わりですよ~」

痛みがすっと無くなってきました。

体験したことのない耐えられない痛みはものの10秒くらいでした。

私「痛くなくなってきました、、、( ;Д;)」←痛かったから涙ポロポロしてる

先生「よく頑張りました」

先生退出。看護師さんに涙を拭われて、手伝われて処置台を降りる。

まだ涙ポロポロ出る。

看護師さん「大丈夫ですか?」

私「もう痛くないので大丈夫ですよ~( ;∀;)」

処置室を出る。

泣いてる様を女の子が私を不思議そうに見る。

変なところ見られたな・・・しかし、女の子からしたらひどい目に合わされたのだと思っただろう(;´Д`)

2時間後に油が広がったかどうかレントゲンを撮るので、昼食をとる。

2時間後、レントゲンの検査。

先生「痛かったと思いますけど、私的には何も異常なく、油もいい感じに広がってますからいい結果ですよ~」

私「良かったです(´・ω・`)」

というわけで、特に異常なく無事終了しました!!

痛さレベルは帯状疱疹には遠く及びませんので参考までに( ´∀`)

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 顕微授精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする