不妊治療中のインフルエンザ予防接種①(採卵、移植直後)

そもそも不妊治療中ってインフルエンザの予防接種受けていいのか?
先の移植周期スケジュールに書いた通り、
D20が移植、D22が会社の予防接種接種日になってしまいましたので、疑問に思い先生に打っても良いか相談しました。

先生は、ちょっと難色を示しました。

「妊婦さんでも接種を推奨しているので打っても良いけど、移植の翌々日は免疫的に・・・
私はちょっと嫌だなと思う。移植したら考えも変わるかもしれないからちょっと考えるのは次の来院のときにしましょう。」

とのことなんで、まあ、無理に打つこともないか(´・ω・`)
と思いながらいろいろ調べたところ・・・個人ブログや昔の医師の見解を見ると、
・妊娠初期は打ってはいけない
・打つなら自己判断
・移植周期は生理中や低体温期になら打ってもいい、などなど様々書かれています。

スポンサーリンク

昔と現在では見解に違いがあり、はっきり言わない医師もいる。結局自己判断。

下記クリニックにはHPには公然と書いてあります。

【はらメディカルクリニック】
インフルエンザの予防接種は、不妊治療への影響などは全く無し。
採卵の誘発中や胚移植後、人工授精後など、時期も関係ない。希望の日に予防接種を。
クリニックに約40名分のインフルエンザワクチンを用意。ご希望の方は診療時に医師まで申出。
ちなみに費用は3,600円。

【加藤レディースクリニック】
Q:今月採卵、移植を予定しているが、インフルエンザの予防接種を行って良いか?
A:妊娠中のインフルエンザ予防接種については問題ないとの見解。
妊娠中と同様に採卵移植の周期についても、インフルエンザ予防接種の安全性には問題がないと考えられる。
ワクチンの安全性については以下のサイトをご参照の上、患者様自身で接種の判断を。

うーん、情報がいろいろ錯綜して混乱しました・・・(;´Д`)

結局移植直後のインフルエンザ予防接種が大丈夫なのかはわかりませんでした。

そりゃそーだ。だって、わざわざ移植直後に好んでインフルエンザ打ちに行く人居ないだろうし、移植直後にタイミング良く会社で打たないだろ・・・( ;∀;)

じゃあ、打つか?打たないか?

打たなかった時の後悔を考えました。

①打たずに妊娠して、インフルエンザにかかってお腹の子に何かあったらもうダメだとかダメじゃないとか、いろいろ考えて絶望。

②インフルエンザにならなくてもいつ誰かにうつされるかもしれない恐怖。

③会社でちいさなお子さんがいる従業員が、子の通う保育園でインフルエンザが流行し、子もインフルエンザにかかり、従業員がインフルエンザにかかったことを知らないまま来て会社の大半の人にうつして学級閉鎖レベルになったことがある。

多分後悔すること多すぎる・・・!!(;´Д`)

結論

よって、私は「会社の予防接種は休むかもしれないから自分で打ちます」と会社に言ってD8に打ちに行きました!

とりあえず先生の言うとおり移植直後は控えました。

本当はもっと早く打ちたかったですが、D3夜に思い立ち、翌日資格の試験や祝日を挟んだらD8の10/11になってしまいました。

※2017/10/21 こちらの記事でその後、いつでも予防接種してよいという変更がありましたので追記させていただきます!

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする