【はじめに】 不妊治療を始めたきっかけ【がんと顕微授精】

この度は、このブログを見ていただきありがとうございます!

この<はじめに>は、はじめに書いているように見えて、2017年の9月に書いております(笑)ある程度、治療が進んだところで書こうと思ってました!

さて私ども夫婦が、不妊治療を始めたきっかけを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

不妊治療のきっかけ

まず、私達夫婦は、現在夫33歳、私は35歳ですが、2016年3月に結婚した新婚のラブラブ夫婦であります。ま、ちょっと行き遅れてるけど。

安定企業に転職して現時点で2年経過して労務担当として結果出してきたところ。

かたや、うちの旦那さんは、勤続12年の優秀SE社員。正直いつでも子供が産まれてもキャリアには困らない。

そして、2016年11月くらいから妊活するかね?という計画でおりました。

その為に、2016年7月から慣れる為に基礎体温をつけ始めた。

最初からの約束として、私が「3ヵ月経っても妊娠しなかったら病院に検査に行かない?」と旦那さんに伝えていました。

旦那「もし原因があったら、絶対俺な気がする・・・(´д⊂)」

そう、

旦那さんは11~12歳くらいで悪性リンパ腫(小児がん)やったことがあるから、

なんか悪かったら旦那さんの方が原因じゃないか?っていう安直な考えです。

ようは、ガン治療をガチでやった人。

ちなみに、この時は二人とも、ガン治療後の人は生殖能力が無くなったり衰えたりすることは全く知らなかった。旦那の主治医が「生殖能力は大丈夫だ」と言ったそうなので、それを信じていた。

知らなかったけれども、判断基準は下記。

私→健康。祖父母、両親健康。家族皆できちゃった結婚。

旦那さん→家族皆なんかの病気。不健康。ガンの血筋。

旦那さんと妹10歳違うのは不妊だったそう。

ガンは再発しなさそうだけど、将来またなんかの病気になって私が看取るであろうな!

それだけ。

でも、みっちり頑張って3ヵ月できなかったらヘコむよね。早く原因見つけて進みたい。私は、非常にせっかちな性格なので。

そのわりに、35歳まで子宮がん検診やったことがありません。そう、よくある「子宮がんなわけないじゃん」って言って病院行かないタイプです。サイテーですね、私。

旦那さん「わかった、じゃあ出来なかったら、3ヵ月に検査しよう!」

本当に素直で協力的で心の広い旦那さんです!! 😀 

かくして、、、3ヵ月経っても出来なかったので

検査するぞーーーーーーーー!!(°Д° )ってなった。

で、せっかちな私が、よくわからないけどAMH検査だけ受けに行ったwwww

それだけ受けても原因はわからんだろうけど、一歩踏み出すことが大事です。

しかし結果として早く検査に行ったことが、時間のロスにならずに大変良かったことでした。

そして旦那さんの乏精子症レベルが、中途半端に人工授精レベルではなく、

最初から顕微授精でないと無理であったことも幸運でした。

医師から、「タイミングからね→次は人工受精ね→体外受精ね→顕微授精ね」って言われたら

私は何歳になるんじゃーーーーー(°Д° )!!

そして、「無」でなくて良かった。TESEは、、、と旦那は怯えております。

旦那が悪性リンパ腫になったことがある人でも大好きです。結婚して良かったと思ってます。

健康だったら、、、

「俺が悪いわけないでしょ?俺が原因なわけないでしょ?行かないよ、検査なんて。」

そして1年が経った・・・

私は何歳になるんじゃーーーーー(°Д° )!!って喧嘩になってますよね、、、他のブログで、、、

そんなわけで、せっかちで、やる気に満ち溢れている私と、

私以上に子供のいる生活を夢見る、心の広い神ってる旦那さんとの妊活生活です。

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする