【初めての凍結胚盤移植5BB】ホルモン補充法③【体験談当日の流れ】

先日、初の凍結胚移植をしました!!

採卵よりは大変じゃないだろ~(´д`)と気楽に一人で行って来ました!

採卵と違って付添も必要ありませんでした~

大型台風が朝に去った日、台風一過の風でふっとばされそうになりながら病院へ行きました。

電車も遅延してましたが運転見合わせじゃなくて良かった!

振替休日で全休で良かった!!

スポンサーリンク

凍結胚移植の体験記♪

14時から移植開始でした。午前は採卵の人優先なんだと思います。

今回は採卵のように大掛かりではなく、小さめの処置室(診察室のような)で、

人数は、先生と培養士さんと看護師さんの3人。少ない!!

(採卵の時は先生、先生の助手2人、看護師さん4人くらい居た・・・)

培養士さんからご挨拶を受けた後、先生登場。

先生が消毒や器具を挿入。

培養士さんが「○○さんのたまごお願いしま~す!」と声かけ。

たまごくるのか~!!(笑)

エコーのモニターを見ながら、

先生「上手くいってますよ。これがカテーテルですよ~ここを見てて下さいね。」

と仰いました。確かに何かひょこひょこモニターで動いている箇所がある。

すると、動いている箇所に白い丸いものが画像内に入って来ました。

わーーーーーーー!!

たまごが確かに子宮内に入りました!!!凄い!!!

こんなの見せてくれるんだ!!

ちょっと感動。

施術はものの10分~15分で終わりました。早い!もう終わり♪

施術後に移植報告書をもらいました。

凍結時5BAのグレードだった受精卵ですが、融解したら5BBになっていました。

でも、融解後の培養でさらに培養が進みました!

以前の記事の受精卵と見比べるとハッチングも進み、先生より着床寸前のところまで来ていると言われました♪

クリックで拡大します♪

何にせよ、顕微授精の検査・排卵・移植の全てを一通り終えることが出来ました。

病院を出て、太陽の陽を浴びて、とっても達成感でいっぱいです!

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする