【効果】エストラーナテープの貼り方【かぶれ・かゆい】

不妊治療の移植周期、ホルモン補充法をすることが多く、エストラーナテープをかなり貼ります。貼る場所、貼る位置を図解しました。

一体どこにどう貼れば?内膜が無事に厚くなるのか?心配だらけでしたが、説明書は説明足らず。とりあえず貼った経験を書いていきます。

スポンサーリンク

エストラーナテープを貼る場所

・四色の◯をローテーションする。

・へそより下に貼る(胸やウエストに貼って内膜厚くならなかった例も・・・)

・パンティラインの内側に貼る(剥がれ防止)

・パンツは、股上深めのお腹すっぽりのものを穿く。(剥がれ防止)

・子宮がありそうなところをイメージ

・左右対称に貼らなくても良い。

◯やのように貼っています。

背中、ウエストに貼らないようにします。

おしり側はお腹よりも服の摩擦がありテープが剥がれやすく、目に見えないので知らないうちに剥がれていることも。

なるべく中心に固めて、トイレの際も擦らないように気を付けます。

ぶちゃねこは、あまりおしり側に貼りたくないので(おしりに貼った方がかゆい)、お腹で貼る場所をローテーションしています。

ちなみに、貼り替える日を忘れたり、貼らずに寝たりするのが一周期に一回ぐらいありますが、さして大変なことになりません。

内膜はいつもいい感じですね、医師に言われています。

あまり神経質にならず、結局エストラーナテープの説明書くらいの適当さで良かったです(笑)

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 顕微授精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする