【10W2D】妊娠中に母が亡くなりました

先日の妊婦健診の翌日、突然母が入院となり、更にその翌日には帰らぬ人となりました。

末期膵臓癌でした。

私が家族から連絡を受けて知ったのは、亡くなった朝でした。

家族も病名を知ったのは5月頭だそうですが、母が「あの子は妊娠しているから心配をかけたくない、言わないでほしい」と口止めをしていたそうです。

なんで言ってくれなかったの、とは思わず、正直、言ってくれなくて助かりました。

父と姉は末期癌のCTスキャンを見せられたり、病気に手の施しようがないことなど詳しく説明をされたようで辛かったと思います。

私は、死に行く母のそれが目に焼き付いて一生覚えていそうだから見なくて良かったと。

スポンサーリンク

35歳で妊娠中に母が亡くなる衝撃が来るとは・・・

妊娠を希望したとき、何かしら流産や死産の可能性あるかな、高齢だし・・・という考えは頭を過った。

でも産まれるまでに母が生きていないことは想像していませんでした。

これを読んでいる方は可哀想だな、という感想を持たれるかもしれません。

私としては、せめて10週までのエコーを母に連絡できて良かったと、妊娠の報告だけでも出来て良かったと思っています。

入院も長引かず、介護も不要で、子どもとしてはありがたかった。

私は35で、母は70で。

もっと早く子どもを産めば良かったとも思いません。

素晴らしい旦那さんとの子どもはこのタイミングでしか顕微授精でしか授かれない運命だったろうし、

母が70で亡くなるのも運命だったかもしれませんが、もっと長く生きて欲しかった。

母が亡くなってからの体調は、衝撃でつわりはふっ飛び、眠気や気持ち悪さは悲しみに紛れました。

ただ、毎日2、3時間しか眠れず、寝不足で会社を早退したり、眠れても5時間しか眠れず、頭痛が酷いです。

やりきれない気持ちが溜まっても、頭痛薬も睡眠薬もお酒も飲めません。

やりきれなくて、やめていたカフェラテを飲んでしまってます。

どうしてこの時期なんだろうか?

いろいろ思考は廻ります。

葬儀は姉に任せました。

私の担当は、相続、準確定申告、生命保険の死亡保険金の申請、老齢年金の未支給請求、健康保険の埋葬料申請。

社労士なので手続き自体苦ではないですが、何度も見たことがある書類なのに、「死亡」というタイトルの申請書がじわじわとツラいです。

これで、赤ちゃんもダメになってしまったら立ち直る自信がありません・・・

次の健診まで少し心配です・・・(;´Д`)

★ポチっとしていただけますと励みになります★

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 顕微授精へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする